風営法の規制対象外だから親も安心

現在、キャバクラと並んで男性から人気を集めているのが、ガールズバーです。
若い女性バーテンダーや店員がカウンター越しで男性客に対して接客するバーであり、数年前から都市部を中心に多く展開されています。
キャバクラをこれまで利用していた顧客も流れている傾向にありますが、その理由は様々です。
キャバクラは風営法の規制にかかるお店であり、店舗経営には風俗営業許可が必要になります。
よって、営業時間にも制限がかかり、深夜までの利用は不可能です。
一方、ガールズバーは風営法の規制にかからないため、深夜や朝までの営業も可能になっているのです。
基本的に接客は通常のバーとは異なり、お酒をメインに嗜む場所というだけではなくバーテンダーである女性店員との会話やコミュニケーションを楽しみとして訪れるものです。
ただ、これはバーテンダーとの会話を楽しむという行為は、キャバクラなどのように接待として捉えられるのではないかという声もありますが、実質はそれでは風営法に違反しているとは言い難い面があります。
そのため、現状風営法の規制に違反しない仕事として社会に認知されているのです。
キャバクラのように接待ではないので、カウンターでお酒や食事などを提供するのみであり、接待には当たりませんし、体を密着させたり、おさわりなども一切禁止です。
接待に対しては風営法にも記述されている通り、「歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなすことをいう」ことですから、それに値しないが故、風営法の適用がされないのです。
接待に当たるかどうかというのが、風営法の規制にかかるかかからないかのラインと言えるでしょう。
深夜営業が可能であり、好きな時間に長く利用できるガールズバーは、男性客にとって心のオアシスになると言っても過言ではないかもしれません。
若い女性たちと明るく会話を楽しみながら、お酒を楽しむとことができるその気軽さが年配の男性だけでなく、近年の若い男性たちにも幅広く支持されているのです。