ガールズバーの優位点

女性がアルコールを提供してくれるお店は、男性にもとても人気があります。
ただ様々な種類があり、その違いを良く理解できていない事も少なくありません。
例えば、ガールズバーとキャバクラはなんとなく似ているイメージがあり、良くその違いが分からないと言う人も多くいる物です。
では一体どういう違いがあるのでしょうか。
ガールズバーはあくまでもバーの形態となっています。
バーテンダーの性別が女性というだけです。
勿論会話などを楽しむ事はできますが、1対1でずっと話をし続ける事が出来るかと言ったらそうではありません。
また必ずカウンター越しにアルコールを提供される形となっているので、自分の隣に女性が来て会話をするという事も有りません。
風営法も関係なく飲食店として経営しているので、営業時間も比較的長くなっています。
キャッチでの呼び込みも可能なので、繁華街などでは頻繁に店員が呼びこんでいる姿を見ることが出来ると言うのも大きな特徴です。
キャバクラは男性の横に女性が来て、会話を楽しんだりアルコールなどの提供があります。
勿論1対1で話をする事もできます。
店の外で女の子と会い、食事に行ったりするいわゆる同伴も可能です。
しかし風営法によって営業時間は制限されていて、深夜0時から日の出までの間は法律上は営業する事はできませんこのように両者の大きな違いはいくつかありますが、中でも大きな違いと言える物の一つは女の子との距離です。
前者は必ずカウンターがあるので、店員と客が大幅に近づく事はまずありません。
また後者は隣に座るのでより近くに感じながら会話を楽しむ事もできます。
もう一つは同伴の有無です。
キャバクラは同伴と言う制度があり、それがそこのお店で働く女の子の成績にもつながります。
ガールズバーは同伴制度は無く、店外で客と会う必要はなく、このように客の側としても、働く側としても両者には大きな違いがあります。
ただどちらのお店も無断で欠席するとペナルティを課せられる事があるので、必ず休む時は連絡を入れておく事が重要です。